フランス文化を識る会は、フランスで9番目の芸術(9ème Art)と呼ばれるフランス・ガストロノミーを通した日仏文化交流を、1969年以来毎年行っています。

講習会|フランス文化を識る会 〜Association de la Culture Francaise〜

レストラン・サーヴィス講習会

第28回 現代レストラン・サーヴィス技術特別講習会
第28回 現代レストラン・サーヴィス技術特別講習会
サーヴィスの重要な要素が統一されているフランスから学ぶことは レストラン・サーヴィスの特性を理解し、新たな価値を生み出します


主催
フランス文化を識る会

後援
フランス料理最高技術者協会
SOPEXA JAPON
仏国立アルベール・ド・マン・ホテル学校(パリ)
一般社団法人日本ホテル協会
一般社団法人日本ホテル・レストランサ-ビス技能協会
内閣府認定公益社団法人全日本司厨士協会
一般社団法人日本エスコフィエ協会
一般社団法人日本ソムリエ協会

講習会日程
7月23日(水)・24日(木) (2日間)

会場
セルリアンタワー東急ホテル
〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 TEL:03-3476-3000

受講費用
◇受講費 37,000円(2日間)
○消費税を含みます。
○受講修了証を発行いたします。
*1日間のみの受講費は、20,000円(消費税含む)

その他事項
○募集人員は各講習30名とします。
○受講希望者多数の場合は先着順に申し込みを受け付けます。
○専門通訳がつきます。
○受講費は全額前納とします。
○受講費の払い戻しは理由の如何を問わずいたしません。
 但し代理者の出席は認めます。
○受講費は銀行振込でお願いいたします。(振込料本人負担)
振込先:みずほ銀行・六本木支店 口座番号(普)1841646 フランス文化を識(シ)る会


*尚、受講申込書に記載された個人のプライバシーに関する情報を外部に公表することは一切ありません。

講師

ジャン-リュック・フルセッタ氏(Monsieur Jean-Luc Frusetta)
・アルベール・ド・マン・ホテル学校(パリ)のレストラン運営とサーヴィス技術主任教授
B.E.P.(職業教育免状)から B.T.S.(上級技術者免状)までのディプロム全課程に関する指導を行う ・M.O.F.(フランス国家最優秀技術者の称号)コンクールの審査委員:メートル・ドテル、メートル・デュ・セルヴィス、アール・ド・ラ・ターブル部門・パリの4っ星ホテル(複数)へのサーヴィス研修・指導を定期的に行い大きな成果を上げ、その卓越した才能は国際的にも極めて高く評価されている


講師略歴
1983年~1994年ホテル・ジョルジュ・サンク(パリ)、プランス・ド・ガル(パリ)、ロテル(パリ)、ホテル・リュテシア(パリ)他の名店で研鑽を積み、その後コンノート・ホテル(ロンドン)でシェフ・ド・ラン、トランシュール、ホテル・リュテシア(パリ)でレストラン、バー、ブラッスリーのサーヴィス、コストコントロールの責任者、ル・グラン・ホテル(パリ)でレストラン、バー、宴会、ブラッスリー、ルームサーヴィスの責任者、またカフェ・ド・ラ・ペのメートル・ドテルとして40人の部下の指揮し、年間500,000席分の売上に貢献する
1994年~現在アルベール・ド・マン・ホテル学校(パリ)で、レストラン・サーヴィス技術主任教授としてホテル・レストラン業における初心者の教育及び経験者の再教育活動に貢献している

講習内容

サーヴィスの原点を見つめ、出迎えから退店までのサーヴィス実技のシミュレーションを交えてサーヴィスの多様な要素と機能、きちんとした技術を紹介いたします