フランス文化を識る会は、フランスで9番目の芸術(9ème Art)と呼ばれるフランス・ガストロノミーを通した日仏文化交流を、1969年以来毎年行っています。

講習会|フランス文化を識る会 〜Association de la Culture Francaise〜

ラッピング・ディスプレイ講習会

第16回 製菓界のためのフランスラッピング・ディスプレイ技術特別講習会
第16回 製菓界のためのフランスラッピング・ディスプレイ技術特別講習会
<パリに息づく小粋でおしゃれなラッピングの数々>

手早く出来て季節や流行に合わせて応用が利くエレガントな技法
<販売を向上させるフランスの接客法とそのポイント> <人の目をひくディスプレイ技術のAからZ>
主催
フランス文化を識る会

後援
フランス製菓最高技術者協会
フランス製菓連合会
ラ・サン・ミシェル製菓者協会
フランス国立イッサンジョー高等製菓学校
社団法人 日本ホテル協会
社団法人 日本洋菓子協会連合会
社団法人 日本エスコフィエ協会
フランス政府観光局

講習会日程
第1講習(2日間)
2008年9月17日(水)・18日(木)

第2講習(1日間)
2008年9月19日(金)

会場
東京会場
東京都渋谷区上原3-43-3
ドーバー洋酒貿易株式会社 1F 講習会場 
(小田急線、東京メトロ千代田線代々木上原下車、徒歩3分)

受講費用
第1講習(2日間)54,000円(税、材料費含む)
第2講習(1日間)28,000円(税、材料費含む)
*第1講習は1日間(28,000円、税、材料費含む)の受講も受付け致します。
ご希望の日をご連絡下さい。
*第1講習・第2講習(計3日間)を受講の場合は80,000円
(税込、受講者が異なっても可)。

その他事項
・募集人員は第1講習・第2講習とも40名とします。
・受講希望者多数の場合は、先着順に申し込みを受け付けます。
・専門通訳がつきます。 修了証を発行いたします。
・受講料は全額前納とし、払い戻しは理由の如何を問わずいたしません。但し代理者の出席は認めます。
・受講料は銀行振込でお願いいたします。(振込料本人負担)

(注)講習で使用するハサミ、ホチキス、ペンチ、セロハンテープ、定規、糊、カッター等の道具類、箱に詰める多少の菓子類他は参加者持参とします。

写真は過去に開催した講習会で紹介した作品です。
みずほ銀行・六本木支店 口座番号(普)2614031 フランス文化を識(シ)る会
お申込


*尚、受講申込書に記載された個人のプライバシーに関する情報を外部に公表することは一切ありません。

講師

マダム パトリシア・デーズ(Madame Patricia DHEZ)
現在ラッピング・ディスプレイ・アドバイザーとして、長年パリの名店で販売・接客の責任者として培ったラッピング・プレゼンテーション技術の優れた才能を活かし、製菓店へのラッピング・ディスプレイ技術指導や顧客への商品説明法、販売社員の教育、またディスプレイ・ラッピング素材メーカーへのコンサルタント等幅広く活躍し、企業を繁栄に導いている。

フランス国立イッサンジョー高等製菓技術学校教授(ラッピング・ディスプレイ技術)


講師略歴
1962年生まれる。
1979年から
現在迄の経歴
・パティスリー<デーズ>、パティスリー<ダロワイヨ>(パリ)パティスリー、サロン・ド・テ<パタシュー>(パリ)、パティスリー<ペルティエ>(パリ/10年間勤務)、パティスリー<ジャン・ミエ>(パリ)、ショコラティエ<ジャン-ポール・エヴァン>(パリ)、<メゾン・ボワシエ>(パリ)等の名製菓店で販売責任者を歴任する。現在名店<トリアンフ>の販売責任者としてそのラッピング、ディスプレイ技術を生かして活躍している。
技術指導活動
製菓店における販売の技術
ラッピング技術及びショコラ、ボンボン、パート・ド・フリュイ等のプレゼンテーション法
復活祭、クリスマスにおける製品のプレゼンテーション法
ドラジェの作品、花を用いたモンタージュ、テーマに沿ったプレゼンテーション法
ディスプレイに関するテクニック
ディスプレイ・コンクール
パリ・カラメル 第2位
アルパジョン 第2位
エヴリ 銀賞
エソンヌ 第1位(ショーウィンドー部門)

メッサージュ

皆様とご一緒にリボンと包装紙を用いたラッピング技法を学びましょう。
それはお客様に感謝し、喜んでいただくためです。

しかし、売上げを向上させるもう1つの重要なポイント<接客・販売の技術>もおろそかにしてはなりません。
このテーマに価値を見出しより注意を払ってディスプレイ技法とともに真摯に学びましょう。

外へ向かって心を開き周囲の人々の声に耳を傾けることで、私たち自身も豊かになることが出来るのです。

皆様とお会いできることを楽しみに。

2008年8月
パトリシア・デーズ

講習内容

講習1日目
<パリに息づく小粋でおしゃれなラッピングの数々>
(手早く出来て季節の催事や流行に合わせて応用の利くエレガントな技法)

1. リボン<クラシック>
長方形の箱を用いたベースとなるアンリュバナージュ。

2.リボン<ロマンティック>
長方形の箱を装うロマンティックなアンリュバナージュ。
リボン・クラシックをベースにリボンのリングを添えた優雅なラッピング。

3.<タンジェント結び>
長方形の箱を用いて作る、ボリュームを大きく表現するタンジェント結びのアンリュバナージュ。

4. <エスカラード結び>
連続したリボンの輪を長方形の箱にデコールする少し複雑なアンリュバナージュ。

5、<タンジェント結びのヴァリエーション>
ハロウィンに向く長方形の箱を用いたアンリュバナージュ。

6、<エトワール>
長方形の箱を用いた早く作れてボリューム感のあるアンリュバナージュ。

7、<ホワイトデイ>
円形の箱を用いたプレゼンテーション。新しいアンリュバナージュのテクニック。

8、<カリドー>
楕円形の箱を用いアンバラージュとアンリュバナージュでボリューム感を出したプレゼンテーション。バレンタイン・デーや母の日のお祝いに向くラッピング。

9、<アムール・トゥジュール>
結婚式のためのプレゼンテーション。円形の箱を用い優しいカラーでふわりと仕上げるアンバラージュ。
ハートと結婚指輪のデコール。

10、<イル・オ・ザンファン>
子供が喜ぶプレゼント。
子供向けの小物でボリーム感を出した素早く出来るクレポン紙を使ったプリアージュ。

11、<ノエル・デコール>
クリスマス商戦に華を添えるノエルのためのデコール。
お店のストックにあるもので作れる。

12、<ロリータ>
ノエルの喜びをたたえる素敵なアンバラージュ。作るデコールとコーディネイトする品のあるラッピング。
アンバラージュ(包み方)、アンリュバナージュ(リボン掛け)、プリアージュ(折り方)

―――――いずれも手早く作れて様々なタイプのお店に応用の効くラッピングです―――――

講習2日目
<ディスプレイ技法のAからZ>と<売上げが向上する販売・接客法のポイント>
●人の目を惹き購買意欲をさそうディスプレイ技法のAからZ
 ・ディスプレイ、それは人をひきつけるコミュニケーションの芸術です
 ・ショーケース、それはお菓子を飾る空間です
 ・ディスプレイ、それは潜在的なお客への視覚によるプレゼンテーションです
 ・商品の選択、定期的な更新、テーマ
 ・ベースとなる機材
 ・飾り
 ・商品の準備
 ・カラー
 ・照明
 ・エチケッタージュ(菓子名やプライスカードの付け方)
 ・レジュメ

●売上げが向上するフランスの販売・接客法
 フランスではどのような販売方法で売上げを向上させているのでしょうか。
 名製菓店<トリアンフ>で販売総責任者として活躍するマダム・デーズの実践を例に、
 フランスで効果を上げている接客・販売方法とその考え方を紹介します。

  ・成功に導く8つのポイント
 1.ヴァンドゥーズ(販売員)が知っているべき事柄
 2.お客様の開拓
 3.良いコンタクト 
 4.商品の説明 
 5.お客の意見に対する反論の仕方
 6.販売の成立
 7.別の商品(購買したもの以外)を勧める
 8.良い印象を与え後につながる心こもったお礼

・優秀なヴァンドゥーズとは
・判断力 ・機転 ・オープン・マインド ・容姿、身だしなみ

・その他


講習内容は各回とも発表された内容で行われますが、調理の手順上順序が入れ替わったり、仕上げが翌日になる場合があります。