フランス文化を識る会は、フランスで9番目の芸術(9ème Art)と呼ばれるフランス・ガストロノミーを通した日仏文化交流を、1969年以来毎年行っています。

  • ホーム
  • >
  • コンクール
  • >
  • 第47回<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール・インターナショナル(パリ)2013最終報告

コンクール|フランス文化を識る会
〜Association de la Culture Francaise〜

第47回<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール インターナショナル(パリ)結果報告

開催日

2013年11月26日

会場

第47回<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール・インターナショナルが11月26日(火)にパリ商工会議所フェランディ校で行われ、同日夜レストラン ル・プレ・カトラン(Le Pre Catelan、パリ)で結果発表式が催されました。
審査委員長エマニュエル・ルノー氏(レストラン・フロコン・ド・セル、ムジェーヴ、ミシュラン3つ星)をはじめ過去このコンクールに入賞経験のある異なる国から選出された国際審査員14名(注1)は、第47回<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール・インターナショナルの結果を下記のように決定しました。
又、日本人として初めて優勝(1984年、第18回ピエール・テタンジェ国際料理賞コンクール)した堀田大氏が、審査委員として参加しました。
この度は、フランス代表としてHiroyoshi BABA 氏(シャトー・レ・クレイエール、ランス)も参加し昨年に続きコンクール史上2 度目となる日本人2名が競う国際コンクールでした。
BABA氏は、惜しくも入賞を逃がしました。

ファイナリスト

フランス2名、スイス、オランダ、ベルギー、日本

受賞者

  • 優勝::ベルトラン・ミラール氏(Bertrand MILLAR)フランス
    コルディアン・バージュ (ポイヤック, 2つ星)






  • 2位::ブノワ・タニエ-ル氏(Benoit TANNIERES)スイス
    ル・ガストロ (ローザンヌ )



  • 3位:鎌田 英基氏(Hideki KAMATA)日本
    帝国ホテル東京 (東京, 1つ星)



第47回インターナショナル・ファイナルテーマ

Une selle d’agneau
Deux garnitures : 1 garniture libre et 1 garniture à base d’abat(s) : Ris / Cervelle / Rognon
accompagné d’une sauce ou d’un jus dans une saucière -Pour 8 personnes

セル・ダニョー
2 種のガルニチュール:自由と課題 内臓(リ、セルヴェル、ロニョン)をベースにしたもの
ソース又は、ジュをソーシエールに入れて添える-8人前

審査委員長による課題ルセット

Entrée chaude à base de légumes de saison dans l’esprit d’un mille feuilles
sur assiette- Pour 6 personnes
Trois légumes minimum doivent être utilisés
Plat sans pate, sans oeuf, uniquement des légumes
Taille assiette : 26/28 cm assiette plate
A votre disposition la liste des ingrédients disponibles en cuisine

温製アントレ:季節の野菜のミルフィーユ仕立て-6人前
少なくとも3 種類の野菜を使うこと
パート、卵不使用/皿のサイズ26-28cm
食材リストから選んで調理する

1人5時間でテーマ料理と課題ルセットを制作しました。

*審査委員長エマニュエル・ルノー氏はスカンジナビアでのコンクール開催を決定しました。
2014 年秋に<ル・テタンジェ・コンクール>スカンジナビアは、初のファイナリストをスウェーデンに於いて輩出します。

国際審査員

ミッシェル・コンビ、ステファニー・ル・ケルク、アマンディーヌ・シェニョー、ジェラール・ボワイエ、ベルナール・ルプランス、クリスチャン・ネ、クリストファー・クータンソー、ミッシェル・ロス、シルヴェン・モンベルジュ、ピエール・フォントネー、ジャン-ジャック・ムナント-、堀田大、ウルフ・ワグナー、フィリップ・ラベ

2013年第47回ル・テタンジェ国際料理賞インターナショナルを終えて
堀田大氏(コンクール・ジャポン審査委員長)のコメント

今回の国際ファイナルは6人で競われた。(日本、ベルギー、オランダ、スイス各国代表1人、フランスから代表2名)

フランス代表2名のうち1名は日本人で、四谷の北島亭出身で渡仏8年半の馬場氏、現在ランスのレ・レクイエール(2ツ星)に勤務中。
ファイナリストに昨年同様、今年も日本人が2名出場、フランスで働く日本人料理人の実力が現地フランスの料理人と対等な力をつけてきたようで審査員の評価も非常に高いものがあり誇らしく思った。

<審査員長の課題ルセット>
季節の野菜をベースにしたEntrée chaudeミルフイユを意識して作ること。
パート、卵は使わずに野菜のみで、最低3種類の野菜を使う事。皿盛りで6人分
課題料理は大差なく、みんな問題なくよくできていた。
昨年の優勝者は、Oeufs à la neige にルイユを詰めスープに浮かべていたが、今年の優勝者もミルフィユを切ると中からソースが流れ出てくるように作られていた。

<インターナショナル・ファイナルテーマ>
実技審査2週間前のテーマ発表は、
仔羊、2種のガル二(1つは自由、もう1つは内臓(Ris,Cervelle,Rognon)をベースに,ソースかジュを添えて。
40cmX60cmの平らな皿に8人分ソースはSaucièreで、課題ルセットと共に5時間で提出。

前夜、選ばれた封筒の中に書かれていたのは、Selle d’agneauだった。
別の封筒にはCarré d’agneauとGigotが主材料として書かれていた。

使い慣れている食材なので大変悩むだろうと心配したが、反面どのよう工夫した料理が出てくるか楽しみにしていた。しかし、似たような料理が多かった。
セル・ダニョーの出来は、補助する食材、量、風味ともにどの料理もよかったが、アバを使ったガル二と主品料理とのハーモニーに差がでた。
ガル二、ソースは、主品をより良くするものでなくてはいけない。
毎回、Cuisson, Harmonie gustative, Garnitureの評価が高い。

今年の配点は、200点満点で
Présentation-20/200, Cuisson-50/200, Créativité/Originalité-40/200,Harmonie gustative-30/200, Garniture no1-25/200, Garniture no2-25/200, Sauce au jus -10/200, Total 200で審査された。
1位の作品はセル・ダニョーを最高に美味しく食べさせてくれた素晴らしい料理だった。

いつも言っているが、コンクールの為だけの料理はあり得ない。
審査員をレストランに来たお客様と思い、お客様が満足できる料理を作るべく、日ごろの積み上げた力と技術の発表の機会だと思ってチャレンジした参加者が、グラン・プリに選ばれると常に感じている。

無駄なことはしないで、「主品」をより良くする必然性のある材料の使い方、調理の仕方を心がけてもらいたい。

堀田 大

コンクール・ジャポン優勝 鎌田様のコメント

今回のテタンジェ・ファイナルでは、料理の構想をある程度ハッキリさせて臨もうと思っていました。2週間前にmillefeuille de légumesとagneauである事が発表され、millefeuille de légumes は国内でのトレーニングで、ほぼ皿のイメージが完成し現地の食材でテストをする様な状況でした。agneauに関しては色々な部位が有るので、それぞれの部位に対する調理法を想定して臨みました。
渡仏してからは現地の食材や気候を確認しながらトレーニングをしました。
また今回はガブリエル・ビスカイシェフ(M.O.F.、1980年第14回本コンク-ル・インターナショナル優勝者)のご指導を頂けるよう、色々な方々に大変な御協力を頂く事が出来、充実したトレーニング期間となりました。
ビスカイシェフは初対面の私に対してでも惜しみなく料理や技術を指導してくださり、色々な状況に対しての対策などもシェフの方から提案してくれました。中でもシェフ自ら作り見せてくれた料理は、普段の仕事では見る事のできない物で、私にとってはまるで古典料理の本の1ページを見ているかの様で、まさに目からウロコでした。
コンクールに対しての感想としては、優勝した料理は美味しくプレゼンテーションに於いてちょっとした驚きがあったと伺いました。私の中でも審査員の方が喜ぶような美味しい料理が第一で、尚且つクラシックなベースがキチンとしている物を心掛けていました。
しかしそれは当たり前のことであり、私の料理にはプレゼンテーション力や全体の完成度が足りなかったのでは、と感じています。改めてコンクールの難しさと自分の精進の足りなさを痛感させられた結果になったと思います。
全体を通じて感じたことは、トレーニング先のスタッフ、ビスカイシェフなど皆が違う国の人間でもフランス料理を志す者には情熱と誇りを持って接してくれる、料理人は皆仲間だと言う心でした。フランス料理の伝統が守られ、発展、進化していく理由の一端を垣間見る事が出来、自分もその役割を果たして行かなければいけないと感じたコンクールでした。

鎌田英基






第47回 <ル・テタンジェ>国際料理賞2013コンクール・ジャポン

第47回<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール・ジャポン2013最終審査結果

コンクール・ジャポンの第1次審査(書類選考)は8月6日に行われ、全国から8名が選ばれ、東京調理師専門学校(新宿)で9月3日に行われた最終審査(ファイナル実技審査)に臨んだ。

8名の参加者は2点の料理を5時間で制作し、コンクール・ジャポン最終審査は<ル・テタンジェ>コンクール国際規約にのっとって行われた。
コンクールの規則は、パリ、ブールヴァール・マジェンタ156番地 法廷執行官 ポーペール・リエヴァン事務所に提出されており、ポーペール・リエヴァン氏がコンクールの合法性を監視するものである。

コンクール・ジャポン2013最終選考の厳正な審査の結果は、以下の通りです
  • 1位:鎌田 英基(帝国ホテル東京) 

    ルセット
  • 2位:武智 大輔(セルリアンタワー東急ホテル)

    ルセット
  • 3位:川本 善広(ホテルグランヴィア大阪)

    ルセット

ファイナル実技審査内容

  • 第1次審査(書類選考)に提出したオリジナル・ルセット
    Un saumon (3 kg environ) en croûte de feuilletage, sans tête, farce libre
    2 garnitures libres, accompagné d’une sauce imposée : Choron (servie à part)
    dressé sur un plat rectangulaire 56x40.5 cm (environ)

    ソーモン(約3kg)アン・クルート・ド・フイユタージュ、頭なし、ファルス(自由)
    2種のガルニチュール(自由選択)
    ソーシエールに入れた、ソース・ショロン(課題ソース)を添える
  • 課題ルセット
    Coquilles Saint-Jaques aux Endives
    Beurre de Champagne aux Herbes

    ホタテ貝のポワレ アンディーヴ添え
     ハーブ入りシャンパーニュ バターソース(4人分)
    * 実技試験当日、ルセットを発表した。
    実技試験当日、ルセットを発表した。

コンクール・ジャポン最終審査結果は、シャンパーニュ・テタンジェ社取締役輸出部長クロヴィス・テタンジェ氏同席のもとに9月3日京王プラザホテルでおこなわれた発表式にて発表され、以下の授与が執り行われた。

コンクールの賞

第1位:

第1位のディプロム、第1位のカップ、シャンパーニュ・テタンジェ(マチュザレム)
副賞として2,400ユーロ相当の小切手

第2位:

第2位のディプロム、第2位のカップ、シャンパーニュ・テタンジェ(ジェロボアム)

第3位:

第3位のディプロム、第3位のカップ、シャンパーニュ・テタンジェ(ジェロボアム)

*ファイナル実技審査の出場者で第1位~3位以外の者全員に、第47回<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール・ジャポンのファイナリストを証明するディプロム、シャンパーニュ・テタンジェ(ジェロボアム)

ファイナル実技審査に臨んだ8名

徳重 慎一郎城山観光ホテル
沼田 堅二朗帝国ホテル大阪
吉本 憲司ホテルインターコンチネンタル東京ベイ
鎌田 英基帝国ホテル東京
林田 雅隆ロイヤルパークホテル
武智 大輔セルリアンタワー東急ホテル
渡邉 健太大津プリンスホテル
川本 善広ホテルグランヴィア大阪

<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール・ジャポン審査委員名

審査委員長
堀田 大 (株)マンジュトゥー 代表取締役
1984年、<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール(パリ)に、日本人として初めて参加しグラン・プリを獲得
実技審査
伊佐 武二日本平ホテル グループ統括顧問
大溝 隆夫レストラン・ボルドー 代表取締役 料理長
岸 義明ホテルインターコンチネンタル東京ベイ 執行役員 総料理長
善養寺 明ホテルオークラ東京 執行役員 洋食調理総料理長
田中 健一郎帝国ホテル東京 専務執行役員 総料理長
ドミニク・コルビドミニク・コルビ・プロダクションズ 代表取締役
中村 勝宏ホテルメトロポリタンエドモンド 名誉総料理長
福田 順彦セルリアンタワー東急ホテル 副総支配人 総料理長
フィリップ・バットンプチ・トノー 代表取締役
ベルナール・アンクティルコルドン・ブルー 教授
マチュー・トサックグルメ・コンサルティング 代表取締役
外山 勇雄東京會舘 常務取締役総料理長
書類審査
市川 博史京王プラザホテル 取締役 総料理長
加賀 和広ホテル椿山荘東京 執行役員 総料理長
柏木 健一ホテルグランヴィア大阪 料理長
河野 透レストランモナリザ オーナーシェフ
佐野 文彦大津プリンスホテル 洋食料理長
下村 康弘㈱オリエンタルランド フードオペレーショングループレストラン料理長
曽我部 俊典横浜ベイホテル東急 総料理長
高橋 義幸帝国ホテル東京 調理部長
中宇祢 満也浦和ロイヤルパインズホテル 総料理長
西口 章二ホテルニューオータニ 西洋料理 料理長
沼尻 寿夫ウェスティンホテル東京 総料理長

パリ・ファイナルに於ける歴代日本人入賞者

1984年 優勝 堀田大氏(東洋軒、東京都)
1994年 3位 佐野文彦氏(大津プリンスホテル、滋賀県)
2001年 3位 中宇祢満也氏(浦和ロイヤルパインズホテル、埼玉県)
2002年 3位 佐藤浩氏(浦和ロイヤルパインズホテル、埼玉県)
2003年 3位 柏木健一氏(ホテルグランヴィア大阪、大阪府)
2008年 2位 下村康弘氏(株式会社オリエンタルランド、千葉県)
2010年 3位 大和幸義氏(帝国ホテル東京、東京都)
(所属は当時のものです)

優勝者(第1位)は今年11月26日、パリで行われるコンクール・アンテルナショナル(国際ファイナル・コンクール)参加を兼ねて配偶者と共にパリに招待されます。

<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクールは47年の歴史を持ち、この間数多くの優れたシェフを輩出してきました。日本においては一時中断もありましたが、毎年定期的に開催し続けている国際料理コンクールに直結した日本で唯一のフランス料理コンクールとして高く評価されています。

*このコンクールは明確な2段階をもつコンクール、つまり参加各国でのコンクールは予選ではなく各国での<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール・ナショナル(参加各国名)であり、各国のコンクールの優勝者がパリに集まって行うものが<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクールです。

国際ファイナル・コンクール(パリ)

<日付>
2013年11月26日

<参加国>
ベルギー、リュクセンブルグ、フランス、日本、オランダ、スイス

○参加各国でのコンクール優勝者は、国際ファイナル(パリ)のフィナリストとして2週間前に招集状と共に国際ファイナルにおける一般テーマ(例:魚、甲殻類、肉、ジビエ、家禽 等…)、を受け取る。
○コンクール前夜、法廷執行官立ち会いのもと、コンクールの明確なテーマ及び材料リストがくじで決められる。ファイナリストはその材料リストから必要な材料を選び出し、オリジナル・ルセットの料理制作にあたる。
○国際ファイナル当日、各参加者は5時間以内に料理を仕上げる。

国際ファイナル・コンクールの賞

・出場者全員に記念カップ及び<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール出場を証明し、その結果を載したディプロムを授与
・上位3位入賞者には以下の賞品を授与:

第1位:

-10,000ユーロの賞金
-トロフィー <エル・グスト>。このトロフィーは本コンクールのためにミゲル・ベッロカ氏が創作したもの
-ラ・クープ・ヴァンクール(歴代全ての優勝者の名前が刻まれた大杯)は、後に開かれるプレスのためのデイナー(優勝者がコンクールで作った料理を自身の手で準備する)の時に手渡される
-メダル<ピエール・テタンジェ国際料理賞コンクール>(ピエール・テタンジェの肖像が刻まれている)彫刻家ポール・ベルモント作

第2位:

カップ、-4,800ユーロの賞金

第3位:

カップ、-2,500ユーロの賞金

コンクールに関するお問合わせ先

<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール・ジャポン
事務局 フランス文化を識る会
〒108-00741東京都港区高輪1-15-2-105
TEL 03-3446-4551 FAX 03-3446-4821

*12月上旬に[国際コンクール・ファイナル] の詳細をフランス文化を識る会ホームページにて御覧いただけます。

過去のコンクール

コンクール|歴代優勝者・受賞者